2011年11月30日

キャッシング 金利

キャッシング 金利


キャッシングの金利の下限金利と上限金利の見方は、消費者金融 金利でご説明させて頂きました。今回は、金利の計算についてです。

フリーキャッシングで私が実際に申し込んだところの金利を例にあげて、ご説明させていただきましょう。

次項有お勧め業者掲載サイト

↑のサイトは、私が実際に使用したサイトで、ここからキャッシング業者を選んで申し込みました。利息は利用日数分だけ返済する数計算方式なので、給料日前などの数日間の利用なら無駄がなくて、断然お得です。

私の申し込んだ業者の実質年率が10.00%〜18.00%でした。

利息利用金額×借入利率÷365日×利用日数

例えば、10万円の金額を借入利率18%で、30日間利用した場合はいくらの利息になるのか?

1,643円100,000円×18%÷365日×30日

と、このような計算になります。大体借り入れの当日はカウントしません。1円未満は切り捨てです。利用金額も利用限度額以内なら1万円からでも利用できます。

次項有消費者金融比較 キャッシングガイド

消費者金融比較 キャッシングガイド
TOPページから、目的別で自分に合った項目を選びましょう。通常の借り入れ(キャッシング)から、借金を一本化するおまとめローンや、債務整理・過払い金請求などを担当する司法書士や法律事務所なども紹介されてます。通常の借り入れのキャッシング項目では、金利の低い業者を何社が紹介してます。ネットから申し込んでみましょう。とても簡単です。

消費者金融比較 キャッシングガイド
目的別で目的を選ぶと、その目的に特化した業者の一覧が見れます。ここから気になった業者を選ぶことが出来ます。キャッシングだと、一週間無利息の業者があったり、不動産担保ローンなど色々あります。

消費者金融比較 キャッシングガイド
業者の詳細ページでは、細かい内容が載ってます。ここから申し込み画面へすすみ、申し込みフォームを記入して申し込み出来ます。

消費者金融は、学生から専業主婦、定年退職した方々まで年齢層が様々です。誰が見ても簡単に申し込みが出来るようになってますので、パソコンが苦手な人でも申し込んでみましょう。


PC.pngPCサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
mobile.pngモバイルサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
【関連する記事】
posted by グレゴリ at 13:25| Comment(0) | キャッシング 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。