2011年11月25日

ヤミ金 金利

ヤミ金 金利


ヤミ金の金利に関する紹介です。ヤミ金の謳い文句として、
  • ブラックでもOK!
  • 審査通します!
  • 審査が甘い!
  • 他で借りれない方歓迎!
  • 保証人不要!
のように、通常では借り入れが困難な人にとっておいしい言葉を並べて宣伝しております。

街のチラシや、ネットでの怪しい広告などでこのような謳い文句を並べているところはちょっと怪しいですね。

次項有払いすぎた利息を回収するなら過払い金請求へ相談してみよう

今回はヤミ金の金利ということで、ヤミ金に実際足を運んだ方からの情報をご紹介させて頂きます。予め内容を紹介させていただくことは了承済みです。

◆ヤミ金のチラシを見て電話した
総量規制の対象で借り入れ総額が年収の1/3以上に達してしまっていて、これ以上消費者金融からの借り入れは出来無いような状況で、銀行系キャッシングも審査が厳しく通らない…という方です。支払いで精神的にも追い詰められている状態で、チラシを見て電話だけしてみた。という流れです。

yami00.png yami01.png

↑のようなチラシを見たことはないでしょうか?このようなチラシはまさに闇金のチラシです。くれぐれも電話しないようにしましょう。

◆電話をすると?
では、電話をすると一体どのような流れなのでしょう?とりあえず、電話だけでは申し込みが出来ないので、事務所へ行くことになります。その方は「審査が必要なので当社までお越しください」と言われたようです。
行ってみるとそこはマンションの一室。店舗と言えるかどうかも怪しいですね。ただ、貸金業登録番号などの表記もあるし、実質年率29.2%、と目立つように書いてあります。

◆審査
事務所では、一件普通のなんてことないお兄さんが出てきて、話を進めてくれます。審査をするので、フォームに必要事項を記入します。住所や勤務先、年収などの内容になります。書き終えると、5分そこらで戻ってきて、審査は終わります。早いですねー。

◆貸付内容
さて、問題の貸付内容ですが、実際の申込金額だとわかりにくいので、ここでは10万円の借り入れを申し込んだ、ということにしておきましょう。
結果だけを言います。貰える金額は7万円です。え?あとの3万円は?差し引かれている3万円は何代かというと、10日分の金利です。先払い、というか天引きという手口らしいですねコレ。

トサン?!?!

トイチでもなく、トサン?!実質年率で計算すると、1095%ですね。おそろしい!しかも10日後にいくら返せばいいかというと、13万円です。天引きされている分も含めると、合計で16万円になります。実質年率なんて計算すらしたくないですね。もちろん領収書なんてくれません。むしろもらえたら警察に行けば取り締まることが出来ます。が、彼らもプロですから領収書なんて絶対貰えません。

◆返せないと?
10日後に13万円を返せない場合は、金利の3万円だけを払います。そしてまた10日後に13万円を返せない場合は、また3万円の支払いです。これが延々と続きます。それすら払えない場合、恐ろしい取り立てが始まります。電話はもちろん、職場などにも迷惑がかかるかもしれませんので、たまったもんじゃありません。普通に考えて、他で借り入れができなくて10万円が必要な人が手元に7万円しか貰えず、しかも10日後に13万円が返せるわけがありません。

注意.gifその方は、結局借りなかったのですが、その後勧誘の電話がひきりなしに鳴っていたり、DMが届いたりしたようです。職場などにかかってくるかすごい心配だったようです。これらは、無視するしか無いでしょう。電話は拒否し、DMは受け取り拒否をするなどして対応し、そのうち無くなるのを待つしかありません。

◆もし申し込んでしまったら
一人で悩んで終わることの無い支払いをし続けるより、まずは一度司法書士、法律事務所などへ相談しましょう。ヤミ金などへ払うお金があるなら、解決できる可能性があるところへお願いしてお金を払った方が良いです。過払い金請求によって回収できる可能性もありますし、何より前へすすめます。

次項有過払い金・債務整理業者一覧

消費者金融比較 キャッシングガイド

↑上記サイトでは、過払い金請求・債務整理を承っている司法書士・法律事務所が紹介されてます。実績のある事務所さんばかりだし、まずは無料でメール相談が出来ます。一度問い合わせてみると良いでしょう。


PC.pngPCサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
mobile.pngモバイルサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
posted by グレゴリ at 16:08| Comment(0) | ヤミ金 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

消費者金融 審査基準

消費者金融 審査基準


消費者金融からの借入を申し込む際の審査は、いったいどこをどう見られているのでしょうか?
審査はもちろんテキトウでは無く、キチンと順を追った流れにそって審査されております。

1 個人の信用情報を照会
2 属性スコアリング
3 在籍・在宅確認


上記の流れはどんな申し込み方法でも基本的な流れになります。内容を少し詳しく説明すると

1信用情報の照会とは、申込者の今までの借入の履歴、現在の借入状況などを信用情報機関から照会し、審査基準に達しているかどうかを判断します。
情報を見ながら申し込んだ内容に相違が無いかなどを確認されます。ここでヘタに見栄をはって他社での借入があるのに、「無いです」、などと言ってしまうと信用情報と食い違いがあり、虚言癖がある、などと判断され審査に悪影響を及ぼします。正直に言いましょう。ここでは基本的な基準となる、返済能力の審査です。

2属性スコアリングでは、あなたの年収、年齢、勤務先、勤続年数、住居形態、住居年数など、色々な項目によって点数が決まり、スコアリングされます。私は詳しくは知りませんのでどういった方式で計算されているかなどは全くわかりません。ここでは、主に限度額などを算出するための審査をしていると思われます。

3在籍確認では最後の審査、というよりは最終確認。在籍確認のため、職場への連絡確認と、在宅への電話連絡をします。申し込みした内容に虚偽申請はないかの確認でしょう。電話で会社まで連絡はしてきますが、あくまで個人名で確認をしてくるので、消費者金融から電話連絡があった、とは誰も思わないでしょう。
(もしもし、○○と申しますけどお仕事中恐れ入りますが△△さんお願いできますか?)←のように個人名で在籍しているかどうかだけを確認してくるので、他の従業員が電話に出た時に「そんな人はうちにはいません」とか言わない限り大丈夫でしょう。


基本的には上記の123の流れで審査が行われています。審査が通れば融資が受けれます。インターネットから申し込んでも、電話で申し込んでも、店頭で申し込んでも上記の審査の流れは変わったりはしません。

次項有インターネットからの申し込み

最近では、インターネットからの申し込みが早くて申込み方法も簡単で人気を集めております。業者のホームページからフォームに記入し→電話がかかってくる→申込内容確認→審査→審査結果の電話がかかってきます。とても、簡単です。

注意.gif ただ、簡単が故に何社もの業者へ審査の申し込みをするのはよくありません。一定期間内に何社も申し込みすると、申込ブラックになってしまって審査に悪影響を及ぼします。
もう自己破産するつもりで、返さなくて済むんだから借りられるだけ借りて、手当たり次第に申し込むという人もいます。そのような人からの申し込みを避けるために申込履歴の情報もあります。闇雲に申し込むのもいけません。2社くらいにして、もしそれでもダメなら一ヶ月くらいは少なくとも間を開けたほうが良いと聞きます。

インターネットからの申し込みには、仮審査や、お試し診断返済シミュレーションなどが出来るとこもあり「ちょっと味見」程度の審査みたいなもんです。簡単な内容を記入して、審査基準に達しているかどうかを確認できるようなところもあります。この仮審査は申込履歴には残りませんので、安心です。

次項有お試し診断がある業者を紹介しているキャッシング比較サイトはコチラ

↑のサイトは私自身も使ってました。ここに掲載されている消費者金融で仮審査を通したこともありますし、実際に申し込みもしました。インターネットからだと、新規向けのキャンペーンもあったりしますし、時間をかけずに何社かを比較できるので便利です。
↓下記にもリンクを載せておきます。借入件数の少ない人は上、3,4件と多い人は下の方のサイトがオススメです。参考になれば幸いです。

消費者金融比較ガイド
▼借入件数の少ない(無い)人へオススメ▼
消費者金融比較ガイド

消費者金融比較 キャッシングガイド
▼すでに借り入れが何件もある方へオススメ▼
消費者金融比較 キャッシングガイド

posted by グレゴリ at 16:50| Comment(0) | 消費者金融 審査基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

消費者金融の審査

消費者金融 審査


消費者金融でも何でも、お金を業者から借り入れる際は必ず審査があります。消費者金融の審査というのは、どのような内容なのでしょうか?

まず、借入時の審査は、その申込み方法によっても審査の仕方が変わってきます。借り入れをする際の申込み方法にもいくつか方法があります。

1 インターネットから申し込む
2 電話で申し込む
3 店舗へ出向いて申し込む

私のオススメする順番でご紹介させて頂きます。【1】が私的には一番オススメしたい方法なのですが、その理由としては、時間も審査もとても早いからです。インターネットからお金の借り入れを申し込むなんて、ちょっと難しそうな感じがしたのですが、やはり業者も、「どんな方でも簡単に申し込めるような」サイトに作ってあるので、とても簡単です。お金の借り入れは、老若男女多くの利用者がいらっしゃいます。難しくては簡単に借り入れできるものも利用されません。

次項有私が利用した消費者金融比較サイト

審査に関してですが、ネットで申し込むと、相手の顔が見えませんよね。審査の段階で電話での本人確認や、申込内容の確認などがありますので、ここでいくつか質問され、そこでのアナタの言動、対応、正直さ、信用情報データベースの情報と相違が無いか、などなど…電話での確認の中でも審査が始まってます。

見栄をはるとか、嘘はダメです!
「虚言癖あり」とか思われては審査に悪影響です。


【3】の店舗での申し込みの場合、自分の身なり、話し方、仕草、表情など、目に見える情報からも審査をします。自分の身だしなみなどに自信があって、逆にそれが審査に良い影響を与えることも考えられるので、自信がある人は店舗へ出向くのはいいかもしれませんね。

ただ、私の場合、かなりの人見知りだし、身なりなどには自信が無かったので対面する必要が無いインターネットからの申し込みにしました。それに、ネットからだと、一度に色々な業者が比較できるし、ネットならではのお試し診断や、仮審査無料相談返済シミュレーションなどのツールがたくさんありますので、こういったツールを有効活用しましょう。
↓下記に消費者金融比較サイトで、オススメのサイトを掲載しておきます。参考になれば幸いです。

消費者金融比較ガイド
▼借入件数の少ない(無い)人へオススメ▼
消費者金融比較ガイド

消費者金融比較 キャッシングガイド
▼すでに借り入れが何件もある方へオススメ▼
消費者金融比較 キャッシングガイド

posted by グレゴリ at 18:11| Comment(0) | 消費者金融の審査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。