2011年11月30日

キャッシング 金利

キャッシング 金利


キャッシングの金利の下限金利と上限金利の見方は、消費者金融 金利でご説明させて頂きました。今回は、金利の計算についてです。

フリーキャッシングで私が実際に申し込んだところの金利を例にあげて、ご説明させていただきましょう。

次項有お勧め業者掲載サイト

↑のサイトは、私が実際に使用したサイトで、ここからキャッシング業者を選んで申し込みました。利息は利用日数分だけ返済する数計算方式なので、給料日前などの数日間の利用なら無駄がなくて、断然お得です。

私の申し込んだ業者の実質年率が10.00%〜18.00%でした。

利息利用金額×借入利率÷365日×利用日数

例えば、10万円の金額を借入利率18%で、30日間利用した場合はいくらの利息になるのか?

1,643円100,000円×18%÷365日×30日

と、このような計算になります。大体借り入れの当日はカウントしません。1円未満は切り捨てです。利用金額も利用限度額以内なら1万円からでも利用できます。

次項有消費者金融比較 キャッシングガイド

消費者金融比較 キャッシングガイド
TOPページから、目的別で自分に合った項目を選びましょう。通常の借り入れ(キャッシング)から、借金を一本化するおまとめローンや、債務整理・過払い金請求などを担当する司法書士や法律事務所なども紹介されてます。通常の借り入れのキャッシング項目では、金利の低い業者を何社が紹介してます。ネットから申し込んでみましょう。とても簡単です。

消費者金融比較 キャッシングガイド
目的別で目的を選ぶと、その目的に特化した業者の一覧が見れます。ここから気になった業者を選ぶことが出来ます。キャッシングだと、一週間無利息の業者があったり、不動産担保ローンなど色々あります。

消費者金融比較 キャッシングガイド
業者の詳細ページでは、細かい内容が載ってます。ここから申し込み画面へすすみ、申し込みフォームを記入して申し込み出来ます。

消費者金融は、学生から専業主婦、定年退職した方々まで年齢層が様々です。誰が見ても簡単に申し込みが出来るようになってますので、パソコンが苦手な人でも申し込んでみましょう。


PC.pngPCサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
mobile.pngモバイルサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
posted by グレゴリ at 13:25| Comment(0) | キャッシング 金利 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

消費者金融 金利 上限

消費者金融 金利 上限


消費者金融の金利を見る時に、下限金利と、上限金利で表記されているのを見たことをあると思います。

kinri.png

↑のような表記の仕方です。これを見て、大体どれくらいの金利なのかがパッと見て分かりますね。消費者金融の利息というのは、借り入れ残金にかかってきます。

次項有金利の低い消費者金融紹介サイト

↑上記サイトでも業者別でそれぞれの下限〜上限金利で見れますので見てみましょう。

例えば、50万円の借り入れを行ったとしたら、50万円に対して利息がかかります。返済をしていき、40万円まで減らしたとしましょう。そうなると、今度は40万円に対しての利息がかかります。元金が減っていけばいくほど利息は少なくなっていきます。

◆出資法上限金利
出資法上限金利で、上限金利は、法的に29.2%と決まっております。これを超えるような金利は出資法違反で刑事罰の対象となります。ヤミ金融などはこういった、上限金利を超える金利をうまく払わせています。これに関しては払う必要は無いので、払いすぎているのでは?と思ったら金利を計算してみよう。

◆利息制限法上限
利息制限法上限の内容は、金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は、その利息が次の利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分につき無効となる、というもの。

10万円未満年20%
10万円以上〜100万円未満年18%
100万円以上〜年15%


出資法で29.2%までとなっているのでこれを超えるものは刑事罰の対象なのはわかります。ただ、利息制限法では上記の利率で決まっており、これを超える分に関しては無効となります。20%を超える消費者金融なんて、平気であります。これは一体??

これがいわゆるグレーゾーン金利というやつです。利息制限法では実は刑事罰の対象とならず、無効となるのみなのです。自分が払いすぎていると思ったら、計算してみましょう。
グレーゾーン金利の支払いについては、利息の約定は無効ですので、利息として支払った金額を、利息ではなく元本を支払ったこととして計算のやり直しができます。そして、元本がなくなってもさらに支払いを続けている場合には、それが過払い金となり貸金業者に対して返還請求ができます。

次項有過払い金請求業者が紹介されているサイト

↑上記サイトでは、計算がよく分からないという方でも、無料相談で問い合わせることができます。まず自分の返済金額に疑問をもったら相談してみると良いでしょう。

他にも返済シミュレーションや、お試し診断などのツールを利用している業者などが紹介されてます。借金をまとめる不動産を担保にする借り入れ、審査に通りにくい場合はどうするか、などなど…。分かりやすく紹介されているのでオススメです。
こういったインターネットならではのツールを有効活用していきましょう。私自身も業者の比較をする際に、利用したサイトです。参考になれば幸いです。


PC.pngPCサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
mobile.pngモバイルサイト>>消費者金融比較 キャッシングガイド
posted by グレゴリ at 16:57| Comment(0) | 消費者金融 金利 上限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

消費者金融 金利 計算

消費者金融 金利 計算


消費者金融の金利の下限金利と上限金利の見方は、消費者金融 金利でご説明させて頂きました。今回は、金利の計算についてです。

フリーキャッシングで私が実際に申し込んだところの金利を例にあげて、ご説明させていただきましょう。

次項有お勧め業者掲載サイト

↑のサイトは、私が実際に使用したサイトで、ここからキャッシング業者を選んで申し込みました。利息は利用日数分だけ返済する数計算方式なので、給料日前などの数日間の利用なら無駄がなくて、断然お得です。

私の申し込んだ業者の実質年率が10.00%〜18.00%でした。

利息利用金額×借入利率÷365日×利用日数

例えば、10万円の金額を借入利率18%で、30日間利用した場合はいくらの利息になるのか?

1,643円100,000円×18%÷365日×30日

と、このような計算になります。大体借り入れの当日はカウントしません。1円未満は切り捨てです。利用金額も利用限度額以内なら1万円からでも利用できます。

次項有消費者金融比較 キャッシングガイド

消費者金融比較ガイド
TOPページから、金利別、目的別、無利息商品別、など、目的別で業者が選べます。ネットから申し込んでみましょう。とても簡単です。

消費者金融比較ガイド
目的別で目的を選ぶと、その目的に特化した業者の一覧が見れます。ここから気になった業者を選ぶことが出来ます。キャッシングだと、一週間無利息の業者があったり、初回30日無利息など色々あります。

消費者金融比較ガイド
業者の詳細ページでは、細かい内容が載ってます。ここから申し込み画面へすすみ、申し込みフォームを記入して申し込み出来ます。

消費者金融は、学生から専業主婦、定年退職した方々まで年齢層が様々です。誰が見ても簡単に申し込みが出来るようになってますので、パソコンが苦手な人でも申し込んでみましょう。

消費者金融比較ガイド
▼借入件数の少ない(無い)人へオススメ▼
消費者金融比較ガイド

消費者金融比較 キャッシングガイド
▼すでに借り入れが何件もある方へオススメ▼
消費者金融比較 キャッシングガイド

posted by グレゴリ at 17:00| Comment(0) | 消費者金融 金利 計算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。